無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 「おんな城主 直虎」と今日の1曲。
RSS|archives|admin

「おんな城主 直虎」と今日の1曲。

2017.05.27 Sat
直虎


 オヤジは現在放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」を毎週見ている。ただこのドラマ、面白いのかつまらないのかイマイチよく分からない。従来の大河ドラマは、年明けから2か月ほど眺めれば、年末まで面白く見られるか、それとも止めてしまうかの判断がついたのに、この「おんな城主 直虎」に限っては非常に微妙でズルズルとここまで来てしまった。
 何がどう微妙なのかを考えてみるに、まず、
「このまま見続けてもいいぞ。」
 って思わせるのは、時代背景が戦国の世で、大国の間に挟まれた井伊家がいかに生き延びるかが楽しみな点と、男社会に生きる女城主の葛藤と成長が興味深いからだ。また個人的に主演の柴咲コウが嫌いじゃないって理由もある。一方で、
「つまらんなぁ・・・。」
 って思うのは、主人公が直面する問題の解決方法が子供騙しで、オヤジからすると、
「そう上手くはいかないだろ~~おい!」
 って突っ込みたくなるエピソードが多く、その一方で人間関係が複雑なドラマにもかかわらず、一部の出演者以外の俳優の個性が立っていないので、物語に影響する大切な伏線をすぐに忘れてしまいそうになる点だ。
 もしこのまま見てゆくと、年末に、
「何だか頭に残らないドラマだったなぁ。」
 なんて呟く自分が想像できて苦笑いしている。
 ・・・って言いたい放題だが、まぁ今の所ストーリー展開は置いといて、主演の柴咲コウだけで、
「とりあえず今週も見よう!」
なんてオヤジは思うので、NHKさんには、なるべく早く今後の展開が、
「う~~む・・・見事!」
って唸れるように頑張ってほしい次第だ。

 さて、言いたいことを言ったので、ここからは曲の紹介へ。今日の1曲はジョージ・ベンソンのアルバム「メロウなロスの週末」から「We All Remember Wes」だ。

メロウなロスの週末1


 そもそも「メロウなロスの週末」ってアルバムは、ジョージ・ベンソンのアルバムの中でも1、2を争うぐらいオヤジ好みで、大学生の一時期、取りつかれたように聴いていた記憶がある。中でも「We All Remember Wes」は大好きで、当時組んでいたバンドでよく演奏したし、印象的なメロディーと洗練された音は今でも頭の中にすぐ再現できる。
 曲名の中にある”Wes”はジャズ・ギタリストのウェス・モンゴメリーのことで、邦題が「我らのウェス」とされているように、この曲はジョージ・ベンソンがウェス・モンゴメリーへのオマージュを曲にしたものだ。
 主旋律はウェスが考案したオクターブ奏法が効果的に使われていて、特にサビの部分のストリングスをバックにした美しいメロディーなんぞ、何度聴き直しても鳥肌が立つ。また、後に続くギターのアドリブはほとんど神がかり的なテクニックとノリの良さで、一度立った鳥肌の上に、もう一度鳥肌が立つ。(←そんなわけないだろ!)
 とにかく「We All Remember Wes」は、あまり目立たないけど、よく聴けば凄くいい曲なのです。皆様、お試しあれ!

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

George Benson - We All Remember Wes



[Music George Benson]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 
関連記事


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ジョージ・ベンソン 我らのウェス |
Category:今日の1曲 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ミルト・ジャクソンの「ミルト・ジャクソン」を聴いてみた。 | HOME | ジャーニーの「ザ・ジャーニー・コンティニューズ」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/933-4897625c