無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ジュディ・ガーランドの「虹の彼方に」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ジュディ・ガーランドの「虹の彼方に」を聴いてみた。

2017.08.12 Sat
虹の彼方に 最近、週末になると映画を見る。とは言っても映画館ではなく、レンタルのブルーレイやテレビの録画を家で楽しむのだ。
 先週末は古いミュージカルで「イースター・パレード」を見た。元来オヤジはミュージカル映画があまり好きではないが、この映画は、主演のフレッド・アステアジュディ・ガーランドのダンスが素晴らしいと何かの本で読んで以来、ずっと見るチャンスをうかがっていた。そして、ちょっと前にNHK-BSで放送したのを“これ幸い!”と録画しておき、日曜の午後コーヒー片手にゆっくり楽しんだ。
 映画は本で読んだ通りで、主演の2人だけでなく登場する役者が皆芸達者、歌もダンスも『超一流ってのはこういうのだよ!』って見せつけられる思いがした。中でもオヤジの目を引いたのはヒロインのジュディ・ガーランドで、この先の彼女の不幸な人生なんて微塵も感じさせない美しさと初々しさが素晴らしかった。
 んで、「イースター・パレード」も良いが、ジュディ・ガーランドでオヤジの頭にまず浮かぶのは、やっぱりオズの魔法使いの挿入歌「虹の彼方に(Over The Rainbow)」だ。
 この曲はこれまで様々なアーティストのカバーを聴いたが、オヤジが大好きな曲のせいかどれも素晴らしく、一時期、あちこちでカバーを見つけては、
「ほう。こいつが歌うとこうなるのねぇ・・・。」
 なんて、楽しんだ記憶がある。
 今回は思い出しついでにジュディ・ガーランド版の元祖「虹の彼方に」を聴こうと意気込んだが、さすがに音源がない。しょうがないので、毎度おなじみYouTubeのお世話になり、じっくり聴いてみた。
 まず感じるのは、この「虹の彼方に」って曲、結構大人っぽい。オズの魔法使いのドロシーは少女だから一瞬、
「ちょっと無理があるんじゃないの?」
 なんて感じるが、曲が進むうちに、そんな事はどうでも良くなり、ジュディの歌声に引き込まれる。そして美しいメロディーから頭の中に広大なとうもろこし畑に輝く虹の情景が膨らみ、何とも言えないゆったりした幸福感が得られる。
 この曲、様々なアーティストがライブのエンディングで歌うことが多いが、オヤジも一日の終りにベッドでもう一度「虹の彼方に」を聴いて、眠りに落ちたいと考えている。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

Somewhere Over the Rainbow - The Wizard of Oz


 
[M;Judy Garland]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 

関連記事


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ジュディ・ガーランド 虹の彼方に |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
| HOME | 宇多田ヒカルの「ファントーム」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/944-b2e0364f