無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ジューダス・プリーストの「ステンド・クラス」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジューダス・プリーストの「ステンド・クラス」を聴いてみた。

2007.12.12 Wed
ステンドクラス ジューダス・プリーストのこのアルバムを聴いていたのは、30年近くも昔の高校1年生の頃だった。僕は、ボーカルのロブ・ハルフォードのハイトーンの歌声があまり好きではなかったのだが、バンドとしては、実に面白いと思っていた。
 当時、ギター小僧だった僕は、1曲目の「EXCITER」を聴いて、
「おおっ。なかなかカッコイイぞ。この疾走感がたまらん。」
 なんて言いながら、ギター片手にリフをコピーしようとした記憶がある。
 今回聴いてみても「EXCITER」の疾走感には、ゾクゾクさせられて、いつものごとく、椅子から立ち上がりそうになり、
「ああ~こういう快感がロックを聴く楽しみじゃ~。」
 なんて、思ってしまった。
 で、その後、ちょっと冷静になって曲を聴いてみるに、ジューダス・プリーストの本当のカッコ良さは、
「実は、ギターのバッキングにあるんじゃないか?」
 と、僕は思っている。
 ツインリードギターというバンドの編成で、どうしてもアドリブや、ユニゾンの面白さに耳が行ってしまう傾向があるけれど、ボーカルのバックで響くクリアなギターのバッキングは、実に正確で、非の打ち所がないような上手さがあると思うのだ。
 ジューダス・プリースト。ひっさしぶりに、良かったです。

Judas Priest : Exciter





[Music Judas Priest]

関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ジューダス・プリースト ステンド・クラス |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<初めて買った2枚のCDで思い出す風景。 | HOME | ピンク・フロイドの「原始心母」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/99-d44e4611

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。